GMO子会社のレンタルサーバがハッキングで改ざん、複数サイトに影響(GMOデジロック) | ScanNetSecurity
2020.11.27(金)

GMO子会社のレンタルサーバがハッキングで改ざん、複数サイトに影響(GMOデジロック)

GMOインターネットグループのGMOデジロックは、同社のレンタルサーバサービス「バリューサーバー」に障害が発生したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
レンタルサーバ事業を行う、GMOインターネットグループのGMOデジロック株式会社は1月20日、同社のレンタルサーバサービス「バリューサーバー」に障害が発生したと発表した。これは「www.s1.valueserver.jp」においてインデックスページが改ざんされたというもので、1月19日16時40分に発生が確認された。同社の1月20日の発表によると、12時00分に改ざんファイルの回避が完了し、15時10分には改ざんが発生したユーザに対し対象ファイルのアップロードを呼びかけている。なお、改ざんが発生したユーザと発生していないユーザが存在することから、レンタルサーバ1台が丸ごと改ざんされた可能性があり、また改ざんは二度にわたり行われた可能性がある。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×