GMO子会社のレンタルサーバがハッキングで改ざん、複数サイトに影響(GMOデジロック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.24(火)

GMO子会社のレンタルサーバがハッキングで改ざん、複数サイトに影響(GMOデジロック)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

レンタルサーバ事業を行う、GMOインターネットグループのGMOデジロック株式会社は1月20日、同社のレンタルサーバサービス「バリューサーバー」に障害が発生したと発表した。これは「www.s1.valueserver.jp」においてインデックスページが改ざんされたというもので、1月19日16時40分に発生が確認された。同社の1月20日の発表によると、12時00分に改ざんファイルの回避が完了し、15時10分には改ざんが発生したユーザに対し対象ファイルのアップロードを呼びかけている。なお、改ざんが発生したユーザと発生していないユーザが存在することから、レンタルサーバ1台が丸ごと改ざんされた可能性があり、また改ざんは二度にわたり行われた可能性がある。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×