2013年12月、4週間で463万のAndroid向け不正アプリを検知(Dr.WEB) | ScanNetSecurity
2021.12.09(木)

2013年12月、4週間で463万のAndroid向け不正アプリを検知(Dr.WEB)

Dr.WEBは、2013年12月のモバイル脅威についてのレビューを発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
株式会社Doctor Web Pacific(Dr.WEB)は1月17日、2013年12月のモバイル脅威についてのレビューを発表した。このレビューは、同社のAndroid向けセキュリティアプリである「Dr.Web for Android 9.0」をモバイルデバイス上で使用しているユーザの協力によって得られた統計を基にしたもの。発表によると、2013年12月4日から25日の間に合計で463万7,717件の悪意のある、または不正なアプリケーションがデバイス上で検出されている。

最も多く検出された脅威は、「Adware.Revmob.origin.1(52万5,500件)」「Adware.Airpush.origin.7(47万6,304件)」「Adware.Airpush.origin.21(38万7,881件)」「Android.SmsSend.origin.749(24万9,405件)」となっている。悪意のある、または望ましくないプログラムが検出された際に、65.5%のユーザが削除している。次いで、アプリケーションが未だインストールされておらず、メモリカード上または内部メモリ内にapkファイルとして保存されている状態でDr.Webアンチウイルスソフトウェアによって削除されたケースが27%を占めた。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×