KADOKAWAのWebサイトが改ざん被害、閲覧でウイルス感染の可能性(KADOKAWA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.11(火)

KADOKAWAのWebサイトが改ざん被害、閲覧でウイルス感染の可能性(KADOKAWA)

KADOKAWAは、同社ホームページの一部が第三者からの不正アクセスにより改ざんされていたことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
株式会社KADOKAWAは1月16日、同社ホームページの一部が第三者からの不正アクセスにより改ざんされていたことが判明したと発表した。これは1月7日0時49分から1月8日13時7分の間、http://www.kadokawa.co.jp/のサイトにおいて「Infostealer.Torpplar」と呼ばれる不正なプログラムが書き込まれていたというもの。現在は被害を受けたサーバのセキュリティ強化を対策済だという。

Oracle Java(CVE-2012-0507、CVE-2013-0422、CVE-2013-2465)、Microsoft Windows(CVE-2012-1889)、Adobe Flash Player(CVE-2013-0634)の脆弱性のいずれかを有しているユーザがサイトを閲覧した場合、このプログラムが自動的に実行される可能性がある。なお、本件に伴うユーザの個人情報流出などは、現在のところ確認されていないとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×