[インタビュー]Mobile Pwn2Own 2013挑戦のためのTEAM of MBSDの作戦 | ScanNetSecurity
2020.11.29(日)

[インタビュー]Mobile Pwn2Own 2013挑戦のためのTEAM of MBSDの作戦

「日本ではセキュリティ診断というとWebアプリケーションが主だと思われがちですが、リスクを考えるとフレームワーク等の低いレイヤの診断も重要なのです。低いレイヤのセキュリティ診断を実施しているケースは残念ながらとても少ないというのが現状です。」

特集 特集
PacSec2013会場で11月13日に開催された、スマートデバイスなどの攻撃実証コンテスト「Mobile Pwn2Own 2013」において、Galaxy S4 にプリインストールされたアプリケーションの脆弱性を使ってシステムユーザー権限取得の実証に成功し、賞金4万ドル(※)を獲得した「TEAM of MBSD」こと三井物産セキュアディレクション株式会社を訪ねた。(※賞金4万ドルにプラスで、Zero Day Initiativeが発行する換金可能なポイントが1万ドル分贈呈される)

「TEAM of MBSD」は、三井物産セキュアディレクション プロフェッショナルサービス事業部 部長のK氏の発案のもと、社内公募で集められた、同社プロフェッショナルサービス事業部の4名(当日会場入りしたのはチームリーダーをのぞく3名)から構成される。

ハッキングイベントで、ひとつの企業のメンバー「だけ」で構成されるチームは珍しい。有名なsutegoma2 などは、多数の組織に所属する専門家によるチームだ。TEAM of MBSDは、同じ職場に勤める同士ならではの、コミュニケーションやチームワークが高まることが予想される反面、複数の視点による分析ができるのか、アプローチの多様性が確保できるのかといった懸念も多々あったはずだ。

チームリーダーのK氏と、メンバーのT氏に、「Mobile Pwn2Own 2013」で成功するために、どのような作戦のもと、準備と調査作業を行ったか、そして今回発見したエクスプロイトについて話を聞いた。

※本記事は本日配信のScan有料版に全文を掲載しました

--

[インタビュー質問一覧]

──Mobile Pwn2Own 参加のきっかけ、目的は何ですか

──TEAM of MBSD の4名のメンバーはどのように人選されたのですか

──iOS で成功した中国の Keen Team の賞金額は2万7,500ドルでしたが、今回獲得した賞金額はいくらですか

──賞金額の大きさはモチベーションになりましたか

──準備のために端末は何台くらいそろえましたか

──4名のメンバーはまるまる1ヶ月間 Mobile Pwn2Own 2013 の調査検証作業に従事したんですか?

──もっと時間があったらできたと思うことはありますか

──見つけたExploitについて教えて下さい。ゼロデイですか

──賞金の使い道は決まっていますか

──1ヶ月で500万円の売上と考えれば、これを事業化できませんか。バウンティハンター事業として

──成功した理由は何だったと思いますか

──他の日本チームは参加したんですか

──スマートフォンやタブレットのメーカーや、サービス提供企業に向けて、セキュリティに関して何かコメントをお願いします

※本記事は本日配信のScan有料版に全文を掲載しました

【関連URL】
Local Japanese team exploits mobile applications to install malware on Samsung Galaxy S4
http://h30499.www3.hp.com/t5/HP-Security-Research-Blog/Local-Japanese-team-exploits-mobile-applications-to-install/ba-p/6267417

Apache Struts 2 Documentation S2-016
http://struts.apache.org/release/2.3.x/docs/s2-016.html
Apache Struts 2 Documentation S2-017
http://struts.apache.org/release/2.3.x/docs/s2-017.html
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×