RSA の重要人物が語る「匿名性はプライバシーの敵だ」~結局のところ、RSA と NSA は一文字しか違わない(The Register) | ScanNetSecurity
2021.06.19(土)

RSA の重要人物が語る「匿名性はプライバシーの敵だ」~結局のところ、RSA と NSA は一文字しか違わない(The Register)

「Art の見解は、プライバシーに対する米国と欧州の姿勢の違いをも強調している。EUは市民の権利を土台としており、オンラインでプライバシーの権利が行使されることを望んでいる。だが米国は、すでにプライバシーをめぐる戦いに敗れたと考えている」

国際 TheRegister
【RSA Europe 2013】RSA 会長 Art Coviello によると、匿名性に対する偏執的な忠誠心がプライバシーを脅かしているのだという。

匿名性は、攻撃者に「発見や告発のリスク」を与えぬまま「我々のネットワークを自由に支配させる」ものであるため、それは「プライバシーの敵」だと Coviello は唱えている。

「セキュリティとプライバシーとを繁栄させるには、信頼できるインターネット商取引の環境下で、それらを磁石の両極のように配置することが不可欠だ」と、EMC のセキュリティ部門の長は RSA Conference Europe で参加者たちに語った…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×