静的コード解析とサンドボックス解析を統合したアプライアンスを発表(マカフィー) | ScanNetSecurity
2021.09.18(土)

静的コード解析とサンドボックス解析を統合したアプライアンスを発表(マカフィー)

マカフィーは、静的コード解析とサンドボックス解析を統合したマルウェア対策の最新アプライアンス「McAfee Advanced Threat Defense」の国内提供を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
マカフィー株式会社は10月31日、静的コード解析とサンドボックス解析を統合したマルウェア対策の最新アプライアンス「McAfee Advanced Threat Defense」の国内提供を発表した。本製品は、シグネチャ解析やファイルレピュテーションなどの既知のマルウェアを的確に検知するテクノロジーに加え、未知のマルウェアに対して有効性の高いシグネチャレスのエミュレーションやサンドボックス解析に静的コード解析を組み合わせ、効果的なゼロデイマルウェア検知を可能にした標的型攻撃対策アプライアンス。

同社では、最近のステルス型の脅威に対抗するために必要な3つの重要な要件である「FIND(検出)」「FREEZE(被害の最小化)」「FIX(修復)」のすべてに対して、新製品であるMcAfee Advanced Threat Defenseアプライアンスが高度なマルウェアを検出し、同社のネットワークソリューションがこうした脅威を封じ込めて被害を最小化、McAfee ePolicy Orchestrator(ePO)と統合して修復を開始する、エンドツーエンドのソリューションで対応するとしている。本製品の国内での提供開始は11月20日を予定しており、価格は12,149,860円からとなる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×