複数製品で使用される「ICU」にDoSの脆弱性(JVN) | ScanNetSecurity
2021.05.10(月)

複数製品で使用される「ICU」にDoSの脆弱性(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、複数製品で使用されている「International Components for Unicode(ICU)」にDoSの脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は10月31日、複数製品で使用されている「International Components for Unicode(ICU)」にDoSの脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した(初出は10月30日)。

複数の製品が使用しているICUには、Unicode文字列を扱うためのライブラリで、C言語向けの「ICU4C」とJava言語向けの「ICU4J」が提供されている。ICU4Cには、競合状態(race condition)に起因するDoSの脆弱性(CVE-2013-0900)が存在する。この脆弱性が悪用されると、想定される影響は製品によって異なるが、リモートの攻撃者によってDoS攻撃を受ける可能性がある。JVNでは、開発者が提供する情報をもとに最新版へアップデートするよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×