社内Webサーバへのアクセス情報が保存されたノートPCが盗難被害(クリエイティブホープ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

社内Webサーバへのアクセス情報が保存されたノートPCが盗難被害(クリエイティブホープ)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

株式会社クリエイティブホープは10月1日、同社業務用のノートPC一台がひったくり盗難に遭う事態が発生したと発表した。これは9月30日21時頃、フィリピン共和国・マカティ市内の路上において、出張中の同社社員が鞄をひったくられる被害に遭ったというもの。鞄の中には業務用のノートPCが入っており、現地警察へ盗難届を出すとともに捜索を行っているが、現時点では発見に至っていない。

ひったくりの被害に遭ったPCには、同社がWebサイトの構築テストに用いている社内Webサーバへのアクセス情報が保存されていた。同社では、その他顧客関連情報が当該PCに含まれていないことを確認している。なお、盗難に遭ったノートPCに対しては、ログインパスワードの設定およびデータの暗号化を行っている。また、Webサイトの構築テストに用いている社内Webサーバへのアクセス情報もすでに変更しているため、このPCを入手した者がアクセスすることは事実上困難であるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×