エンドポイント対策の導入率は9割以上、しかし他は2割以下--利用実態調査(ノークリサーチ) | ScanNetSecurity
2022.06.30(木)

エンドポイント対策の導入率は9割以上、しかし他は2割以下--利用実態調査(ノークリサーチ)

ノークリサーチは、2013年の国内中堅・中小市場における「セキュリティ」関連の利用実態とユーザ評価に関する調査を実施、分析結果を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
株式会社ノークリサーチは9月30日、2013年の国内中堅・中小市場における「セキュリティ」関連の利用実態とユーザ評価に関する調査を実施、分析結果を発表した。本調査は、日本全国全業種の500億円未満の中堅・中小企業の情報システム担当者などを対象に、7月に実施されたもの。有効回答数は1,400社。本調査では、製品・サービスを「サーバ/PC(エンドポイント)」「メール/Web」「モバイル」「SaaS形態」の4分野に分類している。導入率では、エンドポイントが95.2%と非常に高い反面、メール/Webは18.5%、モバイルは5.5%、SaaS形態は7.2%と低く、成長の余地があるとしている。またエンドポイントにおいても、統合的なスイート製品/サービスについては更なる普及の余地が残されている。

エンドポイントにおける製品の導入状況では、トレンドマイクロ、シマンテック、マカフィー、キヤノンITソリューションズの主要4つの開発元/販売元の製品がシェアの上位に位置しており、これらが全体シェアに占める割合は9割程度に達している。ただし、シェアの上位はいずれもPCを対象とした製品が占めており、サーバを対象としたものは少ない。また同じPCを対象としていても、スパム対策やURLフィルタリングなどマルウェア対策以外も含めたスイート製品はマルウェア対策を主な役割とする製品に比べて順位がやや低くなっている。そのため、PCを対象としたマルウェア対策以外の取り組みについての重要性を啓発していくことも重要としている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×