Javaのネイティブレイヤに存在する脆弱性の悪用を徹底検証(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

Javaのネイティブレイヤに存在する脆弱性の悪用を徹底検証(トレンドマイクロ)

脆弱性と脅威 脅威動向

トレンドマイクロ株式会社は9月30日、2013年に入ってJavaに存在する脆弱性が攻撃者により多用される事例を多く確認しているとして、ブログで検証している。Javaを狙うエクスプロイトコードは、Javaのレイヤに存在する脆弱性を利用するエクスプロイトコードと、Javaのネイティブレイヤに存在する脆弱性を利用するエクスプロイトコードの2種類に分けることができる。

Javaのレイヤ内の脆弱性を突くエクスプロイトコードは、実際にはJavaのレイヤランタイムに存在する脆弱性を利用する。これによりアプリケーションはセキュリティマネージャを回避することができ、高い権限の機能を呼び出すことが可能となる。これらのエクスプロイトコードには「攻撃者たちは、OSレベルの防御を回避する必要がないため、少ない労力で作成することができる」「クロスプラットフォームである」という特徴がある。

Javaのネイティブレイヤ内の脆弱性を突くエクスプロイトコードは、実際にはJavaのネイティブ・レイヤ・ランタイムに存在する脆弱性を狙う。これらのエクスプロイトコードは、「ASLR」や「DEP」といったOSレベルの防御システムを回避する必要があるため、作成がより困難となる。さらに、Javaのネイティブレイヤに存在する脆弱性を利用するエクスプロイトコードの作成には、より高度な技術が必要となる。しかし2013年、攻撃者たちはネイティブレイヤの脆弱性を利用する能力を明らかに持っているように見受けられるとしており、その理由として2つの手法を挙げている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×