2012年の国内モバイルセキュリティ市場の市場規模は50億円(IDC Japan) | ScanNetSecurity
2021.12.09(木)

2012年の国内モバイルセキュリティ市場の市場規模は50億円(IDC Japan)

IDC Japanは、「国内モバイルセキュリティ市場予測」を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
IDC Japan株式会社は9月30日、「国内モバイルセキュリティ市場予測」を発表した。これによると、2012年の国内モバイルセキュリティ市場の市場規模は50億円で前年比成長率が35.9%であった。同市場は、モバイルアイデンティティ/アクセス管理とモバイルセキュアコンテンツ/脅威管理、モバイルセキュリティ/脆弱性管理、その他モバイルセキュリティで構成される。

2012年の同市場の売上額構成比では、ウイルス対策製品を含むモバイルセキュアコンテンツ/脅威管理が全体の6割超を占めた。Android端末向けウイルス対策製品を中心に需要が高く、モバイルセキュアコンテンツ/脅威管理が市場拡大をけん引するとみている。同市場の2012年から2017年における年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は18.7%で、市場規模は2012年の50億円から2017年には118億円に拡大すると予測している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×