平成25年上半期のサイバー犯罪、前年同期比で25.2%の増加(警察庁) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.18(木)

平成25年上半期のサイバー犯罪、前年同期比で25.2%の増加(警察庁)

警察庁は、「平成25年上半期のサイバー犯罪の検挙状況等について」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
警察庁は9月26日、「平成25年上半期のサイバー犯罪の検挙状況等について」を発表した。これによると、平成25年上半期の「サイバー犯罪」の検挙件数は4,093件で、前年同期比で825件、25.2%の増加となった。不正アクセス禁止法違反は817件(同+574件、+236.2%)、コンピュータ・電磁的記録対象犯罪および不正指令電磁的記録に関する罪は219件(同+124件、+130.5%)、ネットワーク利用犯罪は3,057件(同+127件、+4.3%)であった。

平成25年上半期に都道府県警察の相談窓口で受理したサイバー犯罪等に関する相談件数は39,392件で、同+242件、+0.6%と増加した。特に詐欺・悪質商法に関する相談が15,615件(同+955件、+6.5%)と大幅に増加し、一方、名誉毀損・誹謗中傷等に関する相談は4,717件(同-868件、-15.5%)と大きく減少した。同庁では今後の対策として、「全国協働捜査方式およびサイバー犯罪特別対処班の活用を進め、サイバー犯罪の取締りの効率的・効果的な推進を図る」「新種のウイルスを検知する資機材等の整備・活用、教養の充実により、悪質・巧妙化するサイバー犯罪の検挙を推進する」などを挙げている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×