ファイル共有ソフトのクローリング調査結果を発表、いまだ延べ11.3万台の利用を確認(ACCS) | ScanNetSecurity
2023.02.03(金)

ファイル共有ソフトのクローリング調査結果を発表、いまだ延べ11.3万台の利用を確認(ACCS)

 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は19日、2013年1月に実施したファイル共有ソフトのクローリング調査を取りまとめた結果を発表した。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー
 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は19日、2013年1月に実施したファイル共有ソフトのクローリング調査を取りまとめた結果を発表した。

 この調査は、1月18日17:00~1月19日17:00(24時間)の期間、各ファイル共有ソフトネットワークに対応した手法を用いてネットワークを巡回し、実際に流通している情報を取得・分析して実施。調査対象は、Winny、Share、PerfectDarkの3種類のファイル共有ソフトとなっている。

 その結果、Winnyに接続しているノードは1日あたり約2万台(2012年3月調査では3.4万台)、Shareは約5.9万台(2012年3月調査では9.2万台)、PerfectDarkは1日あたり約3.4万台(2012年3月調査では4.9万台)となった。いずれも2012年10月1日の改正著作権法の施行にあわせて、ノード数は大きく減少しているが、いまだ延べ11.3万台がファイル共有ソフトを利用していることになる。

 ACCSではノード数の減少について、「ファイル共有ソフトを悪用した著作権侵害対策協議会(CCIF)」が実施してきたメールによる注意喚起活動などの広報啓発活動、刑事摘発の実施などの効果であると考察している。

ファイル共有ソフトの現在……ノード数大幅減少も、いまだ延べ11万台超が利用

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×