古いバージョンのCMSが狙われている--Webサイト運営者に注意を呼びかけ(IPA) | ScanNetSecurity
2021.11.27(土)

古いバージョンのCMSが狙われている--Webサイト運営者に注意を呼びかけ(IPA)

IPAは、「WordPress」や「Movable Type」の古いバージョンを利用しているWebサイトへの注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は9月13日、「WordPress」や「Movable Type」の古いバージョンを利用しているWebサイトへの注意喚起を発表した。これは、脆弱性が含まれる古いバージョンのCMSを使い続けているWebサイトの届出が、6月からの累計で42件寄せられていることを受けたもので、Webサイト運営者へ早急な対策を呼びかけるための発表となっている。

Webサイト改ざんの被害が急増しているが、改ざんされてしまう要因のひとつとして、CMSの脆弱性を悪用され改ざんが行われる手口が報告されている。特に、WordPressやMovable Typeの脆弱性を悪用する攻撃手法や攻撃ツールが出回っており、また例年この時期にWebサイトへの攻撃が多発していることから、古いバージョンのソフトウェアを使い続けることで、セキュリティインシデントに発展するリスクが高いといえる。IPAでは、古いバージョンのWordPressやMovable Typeを使用しているWebサイト運営者は、速やかに最新バージョンへの更新等の脆弱性対策を実施するよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×