新たな脅威対策プラットフォームなど発表(ファイア・アイ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.02.20(水)

新たな脅威対策プラットフォームなど発表(ファイア・アイ)

ファイア・アイは、業界初のグローバルでリアルタイムかつ継続的な防御を実現するプラットフォーム「Oculus」および、新たな脅威対策プラットフォーム「FireEye NX 10000」を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ファイア・アイ株式会社は9月12日、業界初のグローバルでリアルタイムかつ継続的な防御を実現するプラットフォーム「Oculus」および、新たな脅威対策プラットフォーム「FireEye NX 10000」を発表した。Oculusは、脅威対策プラットフォーム、脅威情報を分類、解析する「Dynamic Threat Intelligence(DTI)」、サポートおよびサービスの3つのコンポーネントで構成されるもの。Oculusによってユーザは、ネットワークの規模を問わず、グローバルでリアルタイムかつ継続的な防御を実現できる。

またFireEye NX 10000は、ネットワークからインターネットへの出口となる境界環境で動作し、Web攻撃や複数のプロトコルを使用したコールバックを遮断するアプライアンス。従来の半分のサイズとなり、消費電力も20%低減した一方で、マルチギガビットのパフォーマンスを実現している。導入時に複雑な設定を行う必要はなく、設置後短時間のうちに運用を開始でき、誤検知も最小限に抑えられている。アプライアンスを少数に集約できることから、運用管理の負担軽減も期待できるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×