新たな脅威対策プラットフォームなど発表(ファイア・アイ) | ScanNetSecurity
2022.01.25(火)

新たな脅威対策プラットフォームなど発表(ファイア・アイ)

ファイア・アイは、業界初のグローバルでリアルタイムかつ継続的な防御を実現するプラットフォーム「Oculus」および、新たな脅威対策プラットフォーム「FireEye NX 10000」を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ファイア・アイ株式会社は9月12日、業界初のグローバルでリアルタイムかつ継続的な防御を実現するプラットフォーム「Oculus」および、新たな脅威対策プラットフォーム「FireEye NX 10000」を発表した。Oculusは、脅威対策プラットフォーム、脅威情報を分類、解析する「Dynamic Threat Intelligence(DTI)」、サポートおよびサービスの3つのコンポーネントで構成されるもの。Oculusによってユーザは、ネットワークの規模を問わず、グローバルでリアルタイムかつ継続的な防御を実現できる。

またFireEye NX 10000は、ネットワークからインターネットへの出口となる境界環境で動作し、Web攻撃や複数のプロトコルを使用したコールバックを遮断するアプライアンス。従来の半分のサイズとなり、消費電力も20%低減した一方で、マルチギガビットのパフォーマンスを実現している。導入時に複雑な設定を行う必要はなく、設置後短時間のうちに運用を開始でき、誤検知も最小限に抑えられている。アプライアンスを少数に集約できることから、運用管理の負担軽減も期待できるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×