Webサイト改ざんなどのインシデントに注意喚起、対策を呼びかけ(IPA) | ScanNetSecurity
2021.09.26(日)

Webサイト改ざんなどのインシデントに注意喚起、対策を呼びかけ(IPA)

IPAおよびJPCERT/CCは、Webサイト改ざん等のインシデントの急激な増加を受け、Webサイト運営者および管理者に対し、改めて点検と備えを呼びかけている。

脆弱性と脅威 脅威動向
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は9月6日、Webサイト改ざん等のインシデントの急激な増加を受け、Webサイト運営者および管理者に対し、改めて点検と備えを呼びかけている。JPCERT/CCによると、Webサイト改ざんの被害件数が2013年6月、7月には1,000件を越えるなど、急激な増加が見受けられる。

この攻撃を受けると、組織活動の停止あるいは遅滞、閲覧者のウイルス感染、秘匿情報(クレジットカード情報等)の漏えいなど、深刻な被害を及ぼす。増加しているWebサイトへの攻撃の代表的な例には、Webサイトの管理端末への侵入によるサイト改ざん、パスワードリスト攻撃、ソフトウェアの脆弱性を狙った攻撃、SQLインジェクション攻撃が挙げられる。発表では、代表的な攻撃への対策方法をそれぞれ解説している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×