ここから先は BREACH に任せろ:暗号化された HTTPS のウェブサイトは、 30 秒でクラックされる~オンラインバンキングが、ウェブメールが、ネットショッピングが、新しい「暗号への攻撃」に飲み込まれる(The Register) | ScanNetSecurity
2021.10.19(火)

ここから先は BREACH に任せろ:暗号化された HTTPS のウェブサイトは、 30 秒でクラックされる~オンラインバンキングが、ウェブメールが、ネットショッピングが、新しい「暗号への攻撃」に飲み込まれる(The Register)

「RSA と non-ECC Diffie-Hellman が 2~ 5 年以内に、セキュリティを目的とした用途で利用できなくなるという可能性は、わずかではあるものの明確にある」。Artemis Internet の Alex Stamos は語った。

国際 TheRegister
【Black Hat 2013】「BREACH」と呼ばれる新しいハッキングの技術は、SSL/TLS によって暗号化されたウェブトラフィックから、ログイントークンやセッション ID 番号、その他の機密情報の抜き取りを可能にするものだと研究者たちは語っている。

我々が語られたところによると、オンラインでのバンキングやショッピングの安全性にとって重要となる秘密のデータは、わずか 30 秒で HTTPS チャネルから盗むことができる。

BREACH(Browser Reconnaissance and Exfiltration via Adaptive Compression of Hypertext の頭文字)が攻撃するのは、ウェブ通信の帯域幅をセーブする目的で一般的に用いられている Deflate データ圧縮アルゴリズムだ。このエクスプロイトは、初期の CRIME(Compression Ratio Info-leak Made Easy)の発展型である。CRIME の攻撃手法もまた、ウェブリクエストの暗号化された圧縮に関連している…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×