39,590件のアカウントの情報が不正ログイン被害、登録プロフィール情報とコイン履歴情報が閲覧された可能性(グリー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.24(火)

39,590件のアカウントの情報が不正ログイン被害、登録プロフィール情報とコイン履歴情報が閲覧された可能性(グリー)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

 グリーは8日、SNS「GREE」登録者以外から、不正ログインを受けたことを発表した。39,590件のアカウントの情報が、不正ログイン被害にあったとのこと。

 同社によると、8月5日に「GREE」においてログイン失敗件数が急増している事象が確認された。調査の結果、7月25日より大量の不正ログイン試行が行われていたことが発覚。不正ログインの侵入経路を遮断した上で、同一の攻撃への対策を実施した。翌8月6日に、不正ログインにより、一部ユーザーのプロフィールおよびコイン履歴情報が閲覧されたことが確認され、8月8日に、不正ログインされた39,590件のユーザーアカウントにつき、二次被害を防ぐため、同日中に全アカウントの利用を一時停止した。

 不正ログインされた39,590件については、登録プロフィール情報(氏名、ニックネーム、携帯メールアドレス、都道府県、生年月日、性別、など)の情報と、コイン履歴情報が閲覧された可能性があるという。クレジットカード情報などは含まれていない。

GREEが不正ログイン被害……約4万アカウントが不正閲覧の可能性

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×