39,590件のアカウントの情報が不正ログイン被害、登録プロフィール情報とコイン履歴情報が閲覧された可能性(グリー) | ScanNetSecurity
2020.05.26(火)

39,590件のアカウントの情報が不正ログイン被害、登録プロフィール情報とコイン履歴情報が閲覧された可能性(グリー)

 グリーは8日、SNS「GREE」登録者以外から、不正ログインを受けたことを発表した。39,590件のアカウントの情報が、不正ログイン被害にあったとのこと。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
 グリーは8日、SNS「GREE」登録者以外から、不正ログインを受けたことを発表した。39,590件のアカウントの情報が、不正ログイン被害にあったとのこと。

 同社によると、8月5日に「GREE」においてログイン失敗件数が急増している事象が確認された。調査の結果、7月25日より大量の不正ログイン試行が行われていたことが発覚。不正ログインの侵入経路を遮断した上で、同一の攻撃への対策を実施した。翌8月6日に、不正ログインにより、一部ユーザーのプロフィールおよびコイン履歴情報が閲覧されたことが確認され、8月8日に、不正ログインされた39,590件のユーザーアカウントにつき、二次被害を防ぐため、同日中に全アカウントの利用を一時停止した。

 不正ログインされた39,590件については、登録プロフィール情報(氏名、ニックネーム、携帯メールアドレス、都道府県、生年月日、性別、など)の情報と、コイン履歴情報が閲覧された可能性があるという。クレジットカード情報などは含まれていない。

GREEが不正ログイン被害……約4万アカウントが不正閲覧の可能性

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×