DDoS攻撃の規模、速度、複雑性は拡大傾向--DDoS攻撃動向(アーバーネットワークス) | ScanNetSecurity
2022.01.25(火)

DDoS攻撃の規模、速度、複雑性は拡大傾向--DDoS攻撃動向(アーバーネットワークス)

アーバーネットワークスは、2013年上半期中のDDoS攻撃の動向に関するデータを同社のブログ上で公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
アーバーネットワークス株式会社は7月31日、2013年上半期中のDDoS攻撃の動向に関するデータを同社のブログ上で公開した。これによると、期間中のDDoS攻撃の規模、速度、複雑性は拡大傾向にあり、DDoS攻撃が依然として世界的な脅威であることが明確に示されている。攻撃の平均規模は2013年に入って以降、BPS(ビット毎秒)で43%拡大している。1Gbps以上の攻撃が占める割合は46.5%と、2012年上半期の13.5%から大幅に上昇した。

また、2~10Gbpsの攻撃の割合は14.78%から29.8%と2倍以上に上昇し、10Gbps以上の攻撃の割合は2013年初から41.6%上昇している。さらに、2013年上半期中に観測された20Gbps以上の攻撃総数は、2012年全体の2倍以上に増加した。一方で、攻撃の継続時間は短縮傾向にあり、全体の86%が1時間以下であった。2011年後半から2012年中、大幅な上昇を見せていた攻撃のPPS(パケット毎秒)には低下傾向が見られた。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×