「Apache Struts2」の脆弱性を狙う攻撃が急増、確認と対策を呼びかけ(ラック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.19(木)

「Apache Struts2」の脆弱性を狙う攻撃が急増、確認と対策を呼びかけ(ラック)

脆弱性と脅威 脅威動向

株式会社ラックは7月18日、Webアプリケーションを構築するためのフレームワークである「Apache Struts2」における脆弱性(S2-016)を悪用した攻撃が7月17日から急増しているとして、注意喚起を発表した。これは同社の運営するセキュリティ監視サービス「JSOC マネージド・セキュリティ・サービス」において、同脆弱性を悪用した攻撃が多数確認されていることを受けたもの。この脆弱性により、特別なHTTPリクエストをApache Struts2上で動作しているWebアプリケーションに対して送信することで、任意のJavaコードが実行され、結果的に攻撃者により任意のOSコマンドや不正なプログラムをリモートから実行される可能性がある。

脆弱性が確認されているバージョンは、「Apache Struts 2.0.0 ~ 2.3.15」。セキュリティアップデートが公開されたのは7月16日だが、翌日には攻撃が具現化している点で深刻な問題であるとしている。同社では、Apache Struts2を使用しているサイトの多くは、セキュリティアップデートの適用によるWebアプリケーションへの互換性問題が懸念されるため、互換性検証作業を行う都合で対策が遅れる可能性の懸念を指摘している。また、攻撃や被害を受けているかどうかの確認方法や、推奨する対策方法についても紹介している。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×