新たに出現する脅威を遮断する新機能をリリース(エフセキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.19(金)

新たに出現する脅威を遮断する新機能をリリース(エフセキュア)

エフセキュアは、新たに出現する脅威を遮断する、挙動に基づく最新の解析技術「ディープガード5」を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
エフセキュア株式会社は7月9日、新たに出現する脅威を遮断する、挙動に基づく最新の解析技術「ディープガード5」を発表した。同社の最新バージョン製品は、すでに本機能が適用されている。本技術のエクスプロイテーション防御機能によって、Webブラウザ、プラグイン、Microsoft Office、Javaといった、悪用されやすいプログラムのプロセスを監視する。また、Microsoft WordやPDFといった、文書形式のファイルを開くためのプログラムも監視する。さらに、エクスプロイト攻撃の兆候である怪しい挙動や悪意のある挙動を遮断する。

プログラムが実行されると、ディープガードは動作を開始し、悪意のある行為を遅れて行うマルウェアを見つけるため、プログラムの実行中は監視を続ける。ディープガードの行動解析およびエクスプロイト遮断は、同社のセキュリティレイヤの2つを構成する。これにはブラウジング保護、シグネチャスキャン、ファイルレピュテーション、そして感染率検査も含まれる。また、不審な挙動の学習能力に最も優れているという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×