「FireEye導入・運用支援サービス」を開始(NVC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.19(金)

「FireEye導入・運用支援サービス」を開始(NVC)

NVCは、標的型マルウェア対策製品「FireEye」の導入から運用、万一の事態に際しての対策までを幅広くサポートした「FireEye導入・運用支援サービス」を開始する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ネットワークバリューコンポネンツ(NVC)は7月2日、米FireEyeの標的型マルウェア対策製品である「FireEye」の導入から運用、万一の事態に際しての対策までを幅広くサポートした「FireEye導入・運用支援サービス」を開始すると発表した。標的型攻撃への対応は従来のアンチウイルス製品とは異なり、未知の攻撃に対する事態に対し適切な対応が求められる。準備段階では、セキュリティ方針、事態対応手順の確立が必要であり、攻撃を検知すると同時に、事態対応手順に従い、調査・確認および事態修復を進める必要がある。

今回開始するサービスは、製品の販売や保守に留まらない幅広いサービスを望む声が多いことから提供を決定したもので、同社の実地の運用経験が活かされている。導入支援、自社運用支援を行う「プロフェッショナルサービス」、機器管理・運用、インシデントレスポンスを行う「運用監視サービス」、ログ解析サービス、技術相談サービスを提供する「SOCバックエンドサービス」で構成されており、7月より提供を開始する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×