情報セキュリティ対策推進会議を開催、国民への説明責任など決定(NISC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.20(火)

情報セキュリティ対策推進会議を開催、国民への説明責任など決定(NISC)

NISCは、「情報セキュリティ対策推進会議第10回会合」について発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)は6月19日、同日開催された「情報セキュリティ対策推進会議第10回会合」について発表した。会合では、「政府におけるサイバー攻撃への迅速・的確な対処について」および「政府機関における情報セキュリティに係る年次報告(平成24年度)について」のそれぞれを決定した。

政府におけるサイバー攻撃への迅速・的確な対処については、各府省庁は、サイバー攻撃に関する情報をNISCへ速やかに連絡すること、および情報セキュリティポリシーに記載すること、また、サイバー攻撃による事案が発生した際の所要の連絡体制を確認・構築すること、サイバー攻撃により国民の権利が侵害され、または行政事務の遂行に重大な支障を及ぼすおそれがある情報の漏えいや破損などの可能性がある事案が発生した場合には、必要に応じて国民への説明責任を果たすことを決定した。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×