「Oracle Java SE」に複数の脆弱性、Oracleがアップデート公開(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.20(火)

「Oracle Java SE」に複数の脆弱性、Oracleがアップデート公開(JPCERT/CC)

JPCERT/CCは、Oracleが「Oracle Java SE」に対する定例のクリティカルパッチアップデート「Oracle Java SE Critical Patch Update Advisory - June 2013」を公開したことについて注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は6月19日、Oracleが「Oracle Java SE」に対する定例のクリティカルパッチアップデート「Oracle Java SE Critical Patch Update Advisory - June 2013」を公開したことについて注意喚起を発表した。アップデートを適用することで、「Java SE JDK および JRE」に存在する複数の脆弱性を解消できる。

本脆弱性の影響を受けるバージョンは「Java SE JDK および JRE 7 Update 21 およびそれ以前」「Java SE JDK および JRE 6 Update 45 およびそれ以前」。これらの脆弱性が悪用されると、リモートの攻撃者によってJavaを不正終了されたり任意のコードを実行される可能性がある。JPCERT/CCでは、Oracleが提供する対策済みソフトウェアへアップデートするよう呼びかけている。なお、Oracleは2013年2月にJava SE 6のサポートを終了しているため、使用しているアプリケーションの対応状況をふまえた上で、Java SE 7への移行を検討するよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×