卒業生や学会関係者約320名の個人情報を記録した個人用PCが盗難(早稲田大学) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.25(月)

卒業生や学会関係者約320名の個人情報を記録した個人用PCが盗難(早稲田大学)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

早稲田大学 理工学術院は6月7日、同学術院教員の個人用ノートPC1台が盗難に遭い、紛失したことが判明したと発表した。これは6月1日、同教員が飲食中に個人用PCを入れたバッグの盗難に遭い、すぐに周辺を探索するとともに、最寄りの交番に盗難届を提出したが、現時点で発見に至っていないというもの。

紛失したPCには、同教員研究室の学生ならびに卒業生約200名および所属学会関係者約120名分の氏名、メールアドレスなどが保存されていた。なお、PCには起動時のパスワード設定を行っているという。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×