Webサイトに不正なJavaScriptを埋め込まれる改ざん被害が複数発生(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.19(日)

Webサイトに不正なJavaScriptを埋め込まれる改ざん被害が複数発生(トレンドマイクロ)

脆弱性と脅威 脅威動向

トレンドマイクロ株式会社は6月4日、不正なJavaScript「JS_BLACOLE.SMTT」の挿入による日本国内のWebサイト改ざん事例を5月末以降、複数確認しているとしてブログで注意喚起を発表した。改ざんされたサイトを閲覧したPCでは、端末の状態により脆弱性を利用した攻撃の被害を実際に受ける可能性がある。同社の確認の結果、少なくとも6月3日時点で40のドメインが改ざんの被害に遭っていることが判明している。また、同社のクラウド型セキュリティ基盤「Trend Micro Smart Protection Network」によると、これら改ざんされた40のドメインには、6月3日時点だけでも約6万ものアクセスがあったことを確認している。

改ざんされたWebサイトには、難読化されたJavaScript が挿入されている。この不正JavaScriptは問題のWebサイトを閲覧するブラウザの背後で、「隠しiframe」を読み込むよう設計されている。この隠しiframe(JS_BLACOLE.MTとして検出)は、PHPファイルをブラウザ上で読み込み、閲覧したユーザのPCにどのソフトウェアがインストールされているか確認し、閲覧したPCの状況に応じてエクスプロイトコードを読み込む。たとえば、Adobe ReaderおよびAcrobatの古い脆弱性である「CVE-2010-0188」を使用した不正なPDFファイルがダウンロードされる。同社では、利用しているPCを常に最新の状態にしておくことを強く推奨している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×