阪急・阪神オンラインショップに不正アクセス、個人情報閲覧の可能性(阪急阪神百貨店) | ScanNetSecurity
2021.10.18(月)

阪急・阪神オンラインショップに不正アクセス、個人情報閲覧の可能性(阪急阪神百貨店)

阪急阪神百貨店は、同社が運営するオンラインショッピングサイトにおいて、第三者が顧客のID・パスワードを使って不正にアクセスしたことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
株式会社阪急阪神百貨店は5月29日、同社が運営するオンラインショッピングサイトにおいて、第三者が顧客のID・パスワードを使って不正にアクセスしたことが判明したと発表した。なお、同社からID、パスワードが漏えいした事実はないとしている。また、すでに該当IPアドレスからのアクセスを遮断するとともに、監視を強化し不正アクセスへの対策を実施している。

同社では、不正アクセスにより登録情報が閲覧された可能性のある顧客には、個別にパスワード変更依頼をメールで連絡しているという。また、現時点において不正アクセスは確認されていないとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×