「ヤフオク!」ユーザーに対し他ユーザーのIDやメールアドレスリストを誤送信、新たに最大179名へ94,317名分のリストを送信していたことを公表(ヤフー) | ScanNetSecurity
2021.12.08(水)

「ヤフオク!」ユーザーに対し他ユーザーのIDやメールアドレスリストを誤送信、新たに最大179名へ94,317名分のリストを送信していたことを公表(ヤフー)

 ヤフーは29日、一部ユーザーに対し、他ユーザーのIDやメールアドレスリストを誤送信してしまう事故について、新たに最大179名へ94,317名分のリストを送信していたことを公表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
 ヤフーは29日、一部ユーザーに対し、他ユーザーのIDやメールアドレスリストを誤送信してしまう事故について、新たに最大179名へ94,317名分のリストを送信していたことを公表した。

 この事故は、5月25日21時頃に発生したもので、第一報では、「ヤフオク!」ユーザー最大835名に対し、1427名分の「Yahoo! JAPAN ID」と「メールアドレス」を組み合わせたリストをメールで送信したとしていた。その後もヤフーでは調査を続け、今回の人数が、改めて判明した。なお、調査は完了しており、対象人数がこれ以上増えることはないとしている。

 1件目、2件目の誤送信メールの対象は、重複しておらず、最大計1,014名にメールが誤送信されたこととなる。記載IDの重複の有無については不明。

 このメールアドレスリストは、「ヤフオク!」上の一部ストア(出店者)からのメールマガジンを受け取るためにユーザーが登録したメールアドレスのリストで、添付ファイルではなく、本文として送られた。メールマガジンを送信するための社内作業の最中に、担当者がオペレーションを誤ったのが原因。

「ヤフオク!」メール誤送信、新たに94,317名分のリスト送信が判明

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×