Facebookページのオーナーを標的とした詐欺行為が発生、セキュリティチームを装ったメッセージを送信しログイン情報を入力させるように仕向ける(ソフォス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.20(木)

Facebookページのオーナーを標的とした詐欺行為が発生、セキュリティチームを装ったメッセージを送信しログイン情報を入力させるように仕向ける(ソフォス)

 ソフォスは29日、Facebookのセキュリティチームを装ったメッセージを送信し、Facebookページのオーナーを標的とした詐欺行為が発生しているとして、注意喚起する文章を公開した。

脆弱性と脅威 脅威動向
 ソフォスは29日、Facebookのセキュリティチームを装ったメッセージを送信し、Facebookページのオーナーを標的とした詐欺行為が発生しているとして、注意喚起する文章を公開した。

 この偽のメッセージは、「Facebookページのオーナーを保護するため、Facebook社が新しいセキュリティ機能を追加した」という内容となっている。Facebook社が、最近の乗っ取り行為多発に対して、「Fan Page Verification Program(ファンページ検証プログラム)」という(偽の)新機能を用意したとし、Facebookページのオーナーに、ログイン情報を巧みに入力させるように仕向けてくるという。

 最終的にこのメッセージは、オーナーにリンクをクリックさせ、10桁のセキュリティコードを入力し処理を完了するように求めている。メッセージには、「このプログラムの対象となるのは、優れたコンテンツを提供している人気のあるFacebookページであり、あなたのFacebookページが対象になっている」と称讚する一方で、プレッシャーを与えるために、「オーナーがこのプログラムに応じない場合、問題のあるページと見なして削除する」「2013年5月30日までに操作を完了しないと、自分のページが永久に停止される」という文言も書かれている。

 しかし実際には、情報を入力すると、自分のアカウントとページが乗っ取られ、自分のアカウントからスパムの送信や詐欺行為が別のFacebookユーザーに対して実行される恐れがあるという。

「操作を完了しないと、ページを削除する」……Facebookのセキュリティチームを騙った詐欺

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×