新生銀行を騙るフィッシングサイトを確認(フィッシング対策協議会) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.23(日)

新生銀行を騙るフィッシングサイトを確認(フィッシング対策協議会)

フィッシング対策協議会は、新生銀行を騙るフィッシングメールが出回っているとして注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
フィッシング対策協議会は5月29日、新生銀行を騙るフィッシングメールが出回っているとして注意喚起を発表した。これは新生銀行からのメールを騙るもので、英語のメールとなっている。メールには、いくつかのセキュリティ機能を有効にするためにログインを促すもので、リンクをクリックすると英語のログイン画面が表示される。ここではアカウント名と暗証番号、パスワードを入力させようとする。確認されているフィッシングサイトのURLは以下の通り。

短縮URL
http://tinyurl.com/●●●●

転送先のフィッシングURL
http://●●●●.com/floreseborboletas/thumbnails/japaneseupd/login_index.htm
http://www.●●●●.com/floreseborboletas/thumbnails/japaneseupdat/login_index.htm
http://●●●●●.net/images/index_shinsei_2805_6.html

5月29日12時の時点でフィッシングサイトは稼働中であり、同協議会ではJPCERT/CCにサイト閉鎖のための調査を依頼中としている。また、類似のフィッシングサイトが公開される恐れもあるとして注意を呼びかけている。さらに、このようなフィッシングサイトにてログインに必要な情報(ログインIDやパスワード)を入力しないよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×