ステルスなマルウェア拡散型のサーバ攻撃は、Apache だけに限られていなかった~Lighttpd、Nginx 対応の変種も発見される(The Register) | ScanNetSecurity
2021.09.28(火)

ステルスなマルウェア拡散型のサーバ攻撃は、Apache だけに限られていなかった~Lighttpd、Nginx 対応の変種も発見される(The Register)

彼らの発言によると、これまでのところ、このマルウェアに少なくとも 400 のウェブサーバが感染しており、そのうち 50 は Alexa の「最も人気のあるウェブサイトランキング 10,000」にランクインしているという。

国際 TheRegister
トラフィックを悪意あるウェブサイトへと誘導する目的で利用されてきた不可思議なバックドアが、これまでに考えられていたよりも広範囲に広がっているかもしれない、とセキュリティ研究者たちは話している。それは Apache だけではなく、多くのウェブサーバに影響を及ぼすという。

そのマルウェア――「Linux/Cdorked.A」あるいは「Darkleech」、人によって異なる名前で呼ばれてきた――は 4 月下旬、イン・ザ・ワイルドのリストに初めて取り上げられた。当時、それは Apache サーバで運営される数百のウェブサイトを感染してきたものであると考えられていた…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×