不正アクセスより最大で8,289件の会員情報流出の可能性(三越伊勢丹) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.19(火)

不正アクセスより最大で8,289件の会員情報流出の可能性(三越伊勢丹)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

25日、三越伊勢丹のECサイト「三越オンラインショッピング」が外部からの不正アクセスにより、会員情報を閲覧されたことが判明した。

5月6日から23日の期間に大量の不正アクセスが行われ、最大で8,289件の会員情報(氏名、住所、電話番号、生年月日、性別、メールアドレス、クレジットカード番号下4ケタ)が流出した可能性があるという。カード不正利用・金銭的被害は現在確認されていない。

同サイトは24日に一旦クローズし、本日再開している。なお、全会員にパスワードの変更が告知された。

三越伊勢丹個人情報8000超漏えいか。通販サイトに不正アクセス

《編集部》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×