インドが「Huawei と ZTE を調査する国リスト」に仲間入り~新しい研究所は、すべての「外国製」キットを検査するらしい(The Register) | ScanNetSecurity
2021.09.19(日)

インドが「Huawei と ZTE を調査する国リスト」に仲間入り~新しい研究所は、すべての「外国製」キットを検査するらしい(The Register)

インドの情報通信省(India's Department of Telecommunications)は、内閣からの要請に応え、「スパイウェア、マルウェア、および盗聴ソフトウェア」がテレコムキットに存在しているかどうかを検査するための研究所を設立するだろう

国際 TheRegister
「中国企業である Huawei や ZTE のテレコムキットの導入を許可することに懸念を抱く国々」のリストに、インドが加わった。

米国では、安全保障上の懸念を理由に――本当の理由は地元の企業を保護するためだと多くの人々は感じ取っているものの――、その二社が(米国内から)海外へ通信するための契約を獲得することを禁じている。

オーストラリアでは、セキュリティ問題を理由に、同国で新しく生まれた全国ブロードバンドネットワークが Huawei によって供給されることを禁止した…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×