米国国防総省、サイバー脅威のトップとして中国を名指し~これまでの攻撃の非難を受ける中国政府と軍部(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.23(火)

米国国防総省、サイバー脅威のトップとして中国を名指し~これまでの攻撃の非難を受ける中国政府と軍部(The Register)

「不透明な企業の構成、隠し資産の所有、および中央政府と商業関係者のコネクションがある中国において、民間と軍事の最終用途を区別することは非常に困難だ」とその報告書は説明している。

国際 TheRegister
米国国防総省(DoD)による議会への新しい報告書は、これまでにない強さの語調で、最近の世界のサイバーテロ攻撃と中華人民共和国を密接に結び付ける記述を含んでいる。

「2012 年、世界中の多くのコンピュータシステム(アメリカ政府が所有するものも含まれる)が侵害の標的とされてきた」と報告書は述べている。「そのいくつかは直接、中国の政府と軍隊に起因しているようだ…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×