米国国防総省、サイバー脅威のトップとして中国を名指し~これまでの攻撃の非難を受ける中国政府と軍部(The Register) | ScanNetSecurity
2021.06.17(木)

米国国防総省、サイバー脅威のトップとして中国を名指し~これまでの攻撃の非難を受ける中国政府と軍部(The Register)

「不透明な企業の構成、隠し資産の所有、および中央政府と商業関係者のコネクションがある中国において、民間と軍事の最終用途を区別することは非常に困難だ」とその報告書は説明している。

国際 TheRegister
米国国防総省(DoD)による議会への新しい報告書は、これまでにない強さの語調で、最近の世界のサイバーテロ攻撃と中華人民共和国を密接に結び付ける記述を含んでいる。

「2012 年、世界中の多くのコンピュータシステム(アメリカ政府が所有するものも含まれる)が侵害の標的とされてきた」と報告書は述べている。「そのいくつかは直接、中国の政府と軍隊に起因しているようだ…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×