国内サーバ市場は年間平均成長率マイナス3.3%で縮小すると予測(IDC Japan) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.12(水)

国内サーバ市場は年間平均成長率マイナス3.3%で縮小すると予測(IDC Japan)

 IDC Japanは8日、2013年~2017年の国内サーバ市場予測を発表した。2012年~2017年の期間、年間平均成長率はマイナス3.3%となり、市場縮小すると予測された。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
 IDC Japanは8日、2013年~2017年の国内サーバ市場予測を発表した。2012年~2017年の期間、年間平均成長率はマイナス3.3%となり、市場縮小すると予測された。

 2012年の国内サーバ市場規模は、メインフレームが好調で、国内市場は、2008年以来のプラス成長だった。x86サーバ市場も、小幅ながら3年連続のプラス成長。しかし一方、国内RISC & IA64サーバ市場は、2011年の「京」出荷の反動から大幅なマイナス成長となっている。

 2013年の国内サーバ市場規模は、2012年から5.6%の市場縮小で4,205億円になると予測された。x86サーバ市場は、クラウドおよびモバイルデバイスの普及を受け引き続き成長を維持するも、メインフレーム市場が、大型案件の集中した2012年の反動から二桁のマイナス成長となると予測された。

 そして、2012年~2017年の国内サーバ市場は、年間平均成長率マイナス3.3%で縮小すると予測された。2017年の市場規模は、3,761億円になる。今後、国内サーバ市場に占めるx86サーバの出荷額構成比がさらに上昇し、x86サーバ主体の市場構造に変化していくと予測されている。

国内サーバ市場、マイナス成長予測が顕著に……今後5年はマイナス3.3%成長で推移

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×