「My JR-EAST」に不正ログイン、97名が被害(JR東日本) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.25(火)

「My JR-EAST」に不正ログイン、97名が被害(JR東日本)

 東日本旅客鉄道(JR東日本)は17日、JR東日本グループが提供する「My JR-EAST」において、不正なログインが確認されたことを発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
 東日本旅客鉄道(JR東日本)は17日、JR東日本グループが提供する「My JR-EAST」において、不正なログインが確認されたことを発表した。

 「My JR-EAST」は、JR東日本グループが提供する各種会員サービスアカウント(IDとパスワード)を「My JR-EAST ID」を取得することによって、一つに取りまとめるサービス。今回JR東日本では、大手サイトなどで頻発している不正ログイン事件を受け、自主調査を行ったところ、不正ログインの事実を発見したとしている。

 具体的には、3月31日12:26~13:52の間に、特定のIPアドレスから「My JR-EAST」のログイン画面に対し、約26,000件のアクセスがあったことを、4月16日に確認。このアクセスによって、97名の会員のアカウントに対し不正ログインがあったことが判明したため、現在、当該97アカウントにログインができない措置を実施した。また当該会員に連絡を行った。

 現在JR東日本では、My JR-EAST以外のサービスについても同様の不正ログインが発生していないか調査を進めている。また不正ログイン防止の観点から、パスワードの流用、安易なパスワードの設定を避けるよう、会員に呼びかけている。

JR東日本のアカウントサービス「My JR-EAST」に不正ログイン……97名が被害

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×