「WindowsXPのサポートがあと1年で終了しまうんだにゃーの巻」(4月15日版)Scan名誉編集長 りく君の セキュリティにゃークサイド | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.23(木)

「WindowsXPのサポートがあと1年で終了しまうんだにゃーの巻」(4月15日版)Scan名誉編集長 りく君の セキュリティにゃークサイド

特集 コラム

管理者のみんなおはようさんだにゃー。

Scan編集部を陰で操っている名誉編集長(※自称です)のりくくんだよ。

今週も編集部をうろうろして作業を後ろから見張っているんだけど、そこでチラ見したニュースの中から気になったことを、編集部には内緒でお伝えするよ。

●WindowsXPのサポートあと1年で終了

WindowsXPのサポート期間があと1年で終わるんだって。もう10年以上もサポートしたんだね。長い間お疲れ様でした。1年経つとセキュリティホールが見つかってもアップデートされることはないんだにゃー。

まだ使っている会社もたくさんあるみたいだけど、気づいた頃にはもう1年経って、社内に脆弱なPCばかりで攻撃を受けまくって仕事にならないってことになりかねないから、乗り換えるなら、今でしょ、ってことだにゃー。

●共同通信の記者、遠隔操作ウイルス事件の「真犯人」が利用したサーバに不正アクセス

遠隔操作ウイルス事件では、容疑者がまた再逮捕されてなにがなんだかよくわからないけど、事件を取材していた共同通信の記者が、真犯人を名乗るユーザーが使用していたメールサーバに侵入してメールボックスの中身を覗いていたんだってにゃー。

記者はパスワードを推測してログインしたそうなんだけど、それって明らかに不正アクセス禁止法に違反しているよね。ログも残ってるし本人も罪を認めてるんだろうから、逮捕されてもおかしくないよにゃー。

●「eBookJapan」への不正アクセスは、他サービスの情報が使い回されていた!?

4月5日にはeBookJapanという電子書籍サイトの779アカウントに対して不正なログインが行われたということで、調査結果が発表されているよ。調査によるとあらかじめ持っていたログインIDとパスワードの組み合わせを使っていたみたいだにゃー。

どういうことかというと別のサービスで奪った正しいログインIDとパスワードの組み合わせがeBookJapanでも使えるかを試していたということみたい。面倒だから全部のサービスでパスワードを同じにしている人もいると思うけど、1つのサービスで盗まれたら他のサービスにも波及するからパスワードの使い回しは止めた方がいいんだにゃー。
http://www.ebookjapan.jp/ebj/information/20130405_access.asp

●携帯電話の位置情報から個人を特定することが可能だそう

アメリカとベルギーの共同研究によって、携帯電話の位置情報を調べることで意外と簡単に個人を特定することが可能だということがわかったんだって。しかもたった4つだけ位置と時間の情報がわかればいいんだそう。ネコも毎日散歩の道順が決まっているように、人間の行動パターンにはそれぞれ特徴があるからわかるんだってにゃー。

スマホから位置情報込みでネットに写真をアップしている人って意外と多くいるけど、もし自分の正体を見つけられないようにしたいなら、正確な位置と時間は公開しないよう注意した方がいいかもしれないにゃー。

・携帯電話の位置情報は、ユーザ個人を特定する~あなたの行く場所に、あなたはいる(The Register)
http://scan.netsecurity.ne.jp/article/2013/04/09/31400.html

●スキミングだけでないATMやカードへの攻撃が流行中

3月にセブンイレブンのATMが被害に遭ったように、ATMを細工したスキミングや盗撮などによるカード詐欺が世界中で行われているみたいだね。ATMに別のカードリーダーがおかれて他としても普通の人が一瞬見ただけじゃ見分けが付かないから、注意しても被害に遭うのはしかたないかもしれないにゃー。

そして、スキミングだけじゃなく引き出された現金をかすめ取る「キャッシュクロー」という攻撃も増加しているんだって。ATM自体を強奪する事件もまだまだ起こっているみたいだし、お金の引き出せるカード周辺は狙われ続けてるみたいだにゃー。

「カード詐欺の狙いは ATM だけにとどまらない」EU は語る~独創的な手法で現金を爪にかけ、消費者を騙す詐欺師たち(The Register)
http://scan.netsecurity.ne.jp/article/2013/04/11/31419.html

先週はこんなことがあったけど、今週はどんな編集部をどきどきさせるような出来事が起きるのかな。

楽しみだにゃー。

(りく)

筆者略歴:猫。情報セキュリティ専門誌 ScanNetSecurity の名誉編集長を務めるかたわら、ITセキュリティの専門ライター 吉澤亨史の指導にあたる

(翻訳・写真:山本洋介山)

猫の写真を撮っています。たまにセキュリティの記事も書いたりしています。
http://twitmatome.bogus.jp/

週刊セキュリティにゃークサイド
http://scan.netsecurity.ne.jp/special/3252/recent/
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

特集 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. ここが変だよ日本のセキュリティ 第30回「ダメンズ・オーディット! 上場企業なら避けて通れない監査対応に監査感激!」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第30回「ダメンズ・オーディット! 上場企業なら避けて通れない監査対応に監査感激!」

  2. グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

    グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

  3. クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

    クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

  4. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第8回 「はした金」

  5. [対談] 人工知能は重要経営課題となったサイバーリスクに対抗できるか

  6. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第9回「勤怠簿」

  7. マンガで実感 !! サイバーセキュリティ 第1話「静かなる目撃者」

  8. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン6 「誤算」 第1回「プロローグ:七月十日 夕方 犯人」

  9. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第1回 「プロローグ:身代金再び」

  10. ISMS認証とは何か■第1回■

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×