月例セキュリティ情報9件を公開、最大深刻度「緊急」は2件(日本マイクロソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.21(日)

月例セキュリティ情報9件を公開、最大深刻度「緊急」は2件(日本マイクロソフト)

日本マイクロソフトは、2013年4月のセキュリティ情報を公開した。公開されたセキュリティ情報は事前通知通り9件で、最大深刻度「緊急」が2件、「重要」が7件となっている。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
日本マイクロソフト株式会社は4月10日、2013年4月のセキュリティ情報を公開した。公開されたセキュリティ情報は事前通知通り9件で、最大深刻度「緊急」が2件、「重要」が7件となっている。内容は以下の通り(深刻度順)。

「緊急」
MS13-028:Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム(2817183)要再起動
MS13-029:リモート デスクトップ クライアントの 脆弱性により、リモートでコードが実行される(2828223)再起動が必要な場合あり

「重要」
MS13-030:SharePoint の脆弱性により、情報漏えいが起こる(2827663)再起動が必要な場合あり
MS13-031:Windows カーネルの脆弱性により、特権が昇格される(2813170)要再起動
MS13-032:Active Directory の脆弱性により、サービス拒否が起こる(2830914)要再起動
MS13-033:Windows クライアント/サーバー ランタイム サブシステム (CSRSS) の脆弱性により、特権が昇格される(2820917)再起動不要
MS13-034:Microsoft Antimalware Client の脆弱性により、特権が昇格される(2823482)要再起動
MS13-035:HTML のサニタイズ コンポーネントの脆弱性により、特権が昇格される(2821818)再起動が必要な場合あり
MS13-036:カーネルモード ドライバーの脆弱性により、特権が昇格される(2829996)要再起動

このうち、MS13-030は脆弱性が一般で公開されていた。また、MS13-035は脆弱性を悪用しようとする限定的な標的型攻撃を確認しているという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×