「Yahoo! JAPAN」に対し不正なアクセスを検知、ただちにプログラムを強制停止(ヤフー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.19(水)

「Yahoo! JAPAN」に対し不正なアクセスを検知、ただちにプログラムを強制停止(ヤフー)

 ヤフーは4日、ポータルサイト「Yahoo! JAPAN」を管理しているシステムに対し、不正なアクセスが検知されたことを発表した。情報が外部に送られる前に不正なプログラムは強制停止され、アクセスを遮断したとのこと。

脆弱性と脅威 脅威動向
 ヤフーは4日、ポータルサイト「Yahoo! JAPAN」を管理しているシステムに対し、不正なアクセスが検知されたことを発表した。情報が外部に送られる前に不正なプログラムは強制停止され、アクセスを遮断したとのこと。

 同社によると、4月2日21時10分ごろ、「Yahoo! JAPAN」のユーザー名、不可逆暗号化されたパスワード、登録メールアドレス、パスワードを忘れてしまった場合の再設定に必要な情報の一部を、不正に抽出しようとしているプログラムが作動していることが発見された。

 同社では、ただちにプログラムを強制停止させると同時に不正アクセスを遮断した。なお、不正プログラムを強制停止した時点で、約127万件のデータが抽出されたファイルが作成されていた。このファイルは外部に持ち出されていなかった。

 同社では、システムのセキュリティを一層強化して、同様の手口による不正なアクセスを防止する対策を実施したとしている。今後は、原因究明と再発防止に取り組む。

「Yahoo! JAPAN」サーバに対して不正アクセス

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×