「Evernote」に不正アクセスの痕跡、全ユーザのパスワードをリセット(Evernote) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

「Evernote」に不正アクセスの痕跡、全ユーザのパスワードをリセット(Evernote)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

Evernote Corporationは3月3日、全ユーザのパスワードをリセットし、再設定を実施したと発表した。これは同社のオペレーション・セキュリティチームが、Evernoteサービスの保護された領域へ組織的に不正アクセスを試みたものと思われる不審なアクティビティを同社ネットワーク上で検知し、それをブロックしたことによるもの。

同社セキュリティ調査の結果、Evernoteに保存されているコンテンツが外部からアクセス・変更・消失された形跡は確認されなかった。また、EvernoteプレミアムおよびEvernote Businessユーザの決済情報がアクセスされた形跡も確認されていない。しかし、より安全に安心してEvernoteを利用してもらうために、ユーザのデータを安全に保護する予防措置として全ユーザのパスワードリセットを実施したという。利用再開にはパスワードの設定が必要となる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×