生徒の個人情報データのありかを誤って教室に掲示(東京工業高等専門学校) | ScanNetSecurity
2021.06.14(月)

生徒の個人情報データのありかを誤って教室に掲示(東京工業高等専門学校)

国立東京工業高等専門学校は、同校1年生の個人情報を含むデータのサーバ上の保存場所を示す情報が、特定の教室内に掲示されていたことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
国立東京工業高等専門学校は1月18日、同校1年生の個人情報を含むデータのサーバ上の保存場所を示す情報が、特定の教室内に掲示されていたことが判明したと発表した。これは、関係教員が学科配属に関する掲示を行った際、本来関係教職員以外に周知すべきではない当該情報の学内サーバ上における保存場所が含まれたものを使用したことによるもの。1月16日10時30分頃から17日15時頃まで掲示されていた。

掲示された保存場所には、氏名、クラス、学籍番号、仮配属学科(1年生)、2年生以降所属を志望する学科、入学時入試種別(推薦・学力の別)、後期中間試験終了時点の成績、2年生以降所属を志望する学科の志望動機、ホームルーム出席状況。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×