セキュリティ情報の事前通知、2月は「緊急」5件を含む12件を予定(日本マイクロソフト) | ScanNetSecurity
2021.04.16(金)

セキュリティ情報の事前通知、2月は「緊急」5件を含む12件を予定(日本マイクロソフト)

日本マイクロソフトは、2013年2月のセキュリティ情報の事前通知を発表した。セキュリティ情報の公開は2月13日で、12件のパッチ公開を予定している。内容は、最大深刻度「緊急」のものが5件、「重要」のものが7件。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
日本マイクロソフト株式会社は2月8日、2013年2月のセキュリティ情報の事前通知を発表した。発表によると、セキュリティ情報の公開は2月13日で、12件のパッチ公開を予定している。内容は、最大深刻度「緊急」のものが5件、「重要」のものが7件となっている。影響を受けるソフトウェアは、「緊急」ではMicrosoft Windows、Internet Explorer、Microsoft サーバソフトウェアとなっている。

「重要」では、Microsoft Windows、Microsoft Office、Microsoft サーバソフトウェア、Microsoft .NET Frameworkが影響を受けるとしている。脆弱性の影響は、「緊急」のすべてがリモートコード実行、「重要」はリモートコード実行、サービス拒否、権限の昇格となっている。なお、これらの適用時には、再起動が必要となる場合があるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×