「FedEx」や「UPS」など運送会社や航空会社を騙るメールに注意(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

「FedEx」や「UPS」など運送会社や航空会社を騙るメールに注意(トレンドマイクロ)

脆弱性と脅威 脅威動向

トレンドマイクロ株式会社は2月5日、「FedEx」や「UPS」といった運送会社や航空会社からのメールを騙る複数のスパムメールについて注意を呼びかけている。ユーザが添付ファイルを実行すると「BKDR_KULUOZ」という不正プログラムに感染する。このバックドア型不正プログラムは、2012年4月から6月にかけて有名なボットネットの一部として確認された。しかし同社「TrendLabs」では、2013年になってもスパムメールにより配布されていることを確認している。

BKDR_KULUOZは、通常はアーカイブファイルとしてユーザのPCに侵入する。そしてPDFファイルやWordファイル(.doc)といったアプリケーションのファイルを装うことで、正規ファイルに見せかける。ユーザがファイルをダウンロードし実行すると、テキストファイルを作成し、そのテキストファイルを開くことでPCが被害に遭っていないかのようにユーザに装う。さらに実行ファイルを組み込み、最終的に感染PCを乗っ取る。自身をアップデートするほか、ルートキット機能を備えていることで知られる「SIREFEF」の亜種や偽セキュリティソフト型不正プログラム「FAKEAV」をダウンロードすることも特徴。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×