「FFR yarai」シリーズの最新版をリリース(FFRI) | ScanNetSecurity
2021.09.27(月)

「FFR yarai」シリーズの最新版をリリース(FFRI)

FFRIは、同社が提供する標的型攻撃対策ソフトウェア「FFR yarai」シリーズの最新版Version2.2をリリースした。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社フォティーンフォティ技術研究所(FFRI)は1月30日、同社が提供する標的型攻撃対策ソフトウェア「FFR yarai」シリーズの最新版Version2.2を同日にリリースしたと発表した。FFR yaraiシリーズは、従来のセキュリティ対策で用いられているシグニチャやパターンファイルなどに依存せず、標的型攻撃で利用される攻撃の特徴を4つのヒューリスティックエンジンにより、さまざまな角度から分析し、未知の脅威に対して高い精度で攻撃を検知・防御することが特徴のソフトウェア製品。

最新版ではユーザからの要望に応え、管理機能の強化と対応プラットフォームの拡充を実現した。具体的には、FFR yarai Version 2.2ではJava設計脆弱性攻撃マルウェア駆除機能の追加、および例外リストのインポート・エクスポート機能を追加した。またFFR yarai 脆弱性攻撃防御機能 Version 2.2では、上記のほかにメインウィンドウのGUI変更、Windows 7およびWindows Server 2008 R2の64bit OSへの対応、FFR Enterprise Management Console Version 2.2では、yaraiZDP 2.2の例外リスト管理ツール廃止に伴い、例外リスト配信に対応、リモート駆除機能の追加、検知ログのクライアント情報にIPアドレスとMACアドレス情報を追加するなどの機能強化が図られている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×