Nokia、ブラウザのトラフィックを復号しつつ国民に安全性をお約束~フィンランド人の発言「それは詮索ではなく、加速処理です」(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.20(土)

Nokia、ブラウザのトラフィックを復号しつつ国民に安全性をお約束~フィンランド人の発言「それは詮索ではなく、加速処理です」(The Register)

ちょうど Nokia が好転しているかのように見える発表――10月の時点で予測していた「10%の損失」と比較する形でスマートフォンの販売利益を示した会計報告書のリリース――をしたとき、この論争は巻き起こった。

国際 TheRegister
不適切さを回避するかのような数字が Nokia から発表される一方、携帯電話サプライヤーたちは、そのブラウザの動作を中心としたプライバシー論争に巻き込まれはじめた。

この大騒ぎが広まったのは、Unisys Global Services India のセキュリティアーキテクト Gaurang Pandya が、彼の携帯電話 Nokia Asha の動作に関する調査報告を書きあげたときだった…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子)
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×