Javaのゼロデイ脆弱性がエクスプロイトキットに追加、攻撃検知も増加(日本IBM) | ScanNetSecurity
2021.12.05(日)

Javaのゼロデイ脆弱性がエクスプロイトキットに追加、攻撃検知も増加(日本IBM)

日本IBMは1月11日、Oracle JRE / JDK バージョン 7の脆弱性(CVE-2013-0422)を悪用する攻撃が増加しているとして、注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は1月11日、Oracle JRE / JDK バージョン 7の脆弱性(CVE-2013-0422)を悪用する攻撃が増加しているとして、注意喚起を発表した。攻撃は不正なWebサイト経由で行われており、Blackhole Exploit KitやRedKitなどドライブ・バイ・ダウンロード攻撃で使用される複数のツール(Exploit Pack)に本脆弱性を悪用する機能が追加されている。

また東京SOCにおいても、Exploit Packによる攻撃を継続して確認しており、1月8日、9日には検知件数が増加している。また、本脆弱性の追加により今後被害の増加も予想されるとしており、ユーザに対し修正バージョンの早急なアップデートを推奨している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×