国家支援型サイバー攻撃の増加、クラウドインフラへの攻撃--2013年脅威予測(カスペルスキー) | ScanNetSecurity
2021.12.03(金)

国家支援型サイバー攻撃の増加、クラウドインフラへの攻撃--2013年脅威予測(カスペルスキー)

Kaspersky Labのエキスパートが2012年の主要なセキュリティトレンドの総括と2013年に中核となる脅威の予測を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
株式会社Kaspersky Labs Japan(カスペルスキー)は12月12日、ロシアKasperskyが12月5日に公開したリリースの抄訳として、Kaspersky Labのエキスパートが2012年の主要なセキュリティトレンドの総括と2013年に中核となる脅威の予測を発表した。

2012年の主なサイバーセキュリティの話題には、以下を挙げている。
・Mac OS Xを標的とした高度なマルウェア
・Android を標的とした脅威の爆発的な増加
・国家支援によるサイバー軍事活動の継続を象徴するFlameおよびGaussの存在
・LinkedInやDropboxなどの有名なWebサービスからの深刻なパスワード流出
・Adobeのデジタル証明書の詐取
・Javaなど有名ソフトウェアに内在する新しいゼロデイ脆弱性
・ネットワークデバイス(DSLルータ)への攻撃
・DNSChangerの閉鎖
・破壊的なマルウェアShamoonとWiper
・Madiによるサイバースパイ活動

また、2013年の予測は以下の通り。

・標的型攻撃の続伸
・「ハクティビズム」の継続的な流行
・国家支援型のサイバー攻撃の増加
・サイバースペースにおける政府支援の「合法的な」監視ツールの使用
・クラウドベースのインフラストラクチャへの攻撃
・デジタルプライバシーの崩壊
・オンラインの信頼性とデジタル関連当局におけるたび重なる問題
・Mac OS X およびモバイル向けマルウェアの継続的増加
・主なサイバー攻撃方法としての脆弱性とエクスプロイトの悪用の継続
・ランサムウェアとクリプトウイルスによる脅迫型攻撃の拡大
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×