Droneセキュリティプロジェクトはオープンソースに〜Dronewareがハッキングされることを止めるためのDARPAのプロジェクトは一部のソフトウェアが無料化されると見る(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

Droneセキュリティプロジェクトはオープンソースに〜Dronewareがハッキングされることを止めるためのDARPAのプロジェクトは一部のソフトウェアが無料化されると見る(The Register)

国際 TheRegister

オーストラリアのハイエンドなテクニカルリサーチエンジンであるNICTAは、droneのシステムをサイバー攻撃から守るソフトウェアを開発する、1千8百万ドルの合衆国国防プロジェクトの中心的役割を果たす。

米国防高等研究計画局(DARPA)は、オーストラリアのNICTA、Boeing社、Galois、ミネソタ大学が参加し、Rockwell Collinsが主導する国際的なコンソーシアムと、4年半の期間の契約を結んだ。6〜8人のNICTAの専任研究者からなるチームがプロジェクトに設置され、プロジェクトのピーク時にはさらに多くのスタッフが追加される…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×