Droneセキュリティプロジェクトはオープンソースに〜Dronewareがハッキングされることを止めるためのDARPAのプロジェクトは一部のソフトウェアが無料化されると見る(The Register) | ScanNetSecurity
2020.01.19(日)

Droneセキュリティプロジェクトはオープンソースに〜Dronewareがハッキングされることを止めるためのDARPAのプロジェクトは一部のソフトウェアが無料化されると見る(The Register)

このプロジェクトはDARPAのハイアシュアランスサイバーミリタリーシステム(HACMS)プログラムの一部で、新たに出現するサイバー脅威に有効な超セキュリティシステムを構築するために、今年初めにひそかに生まれたものだ。

国際 TheRegister
オーストラリアのハイエンドなテクニカルリサーチエンジンであるNICTAは、droneのシステムをサイバー攻撃から守るソフトウェアを開発する、1千8百万ドルの合衆国国防プロジェクトの中心的役割を果たす。

米国防高等研究計画局(DARPA)は、オーストラリアのNICTA、Boeing社、Galois、ミネソタ大学が参加し、Rockwell Collinsが主導する国際的なコンソーシアムと、4年半の期間の契約を結んだ。6〜8人のNICTAの専任研究者からなるチームがプロジェクトに設置され、プロジェクトのピーク時にはさらに多くのスタッフが追加される…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×