Droneセキュリティプロジェクトはオープンソースに〜Dronewareがハッキングされることを止めるためのDARPAのプロジェクトは一部のソフトウェアが無料化されると見る(The Register) | ScanNetSecurity
2021.06.17(木)

Droneセキュリティプロジェクトはオープンソースに〜Dronewareがハッキングされることを止めるためのDARPAのプロジェクトは一部のソフトウェアが無料化されると見る(The Register)

このプロジェクトはDARPAのハイアシュアランスサイバーミリタリーシステム(HACMS)プログラムの一部で、新たに出現するサイバー脅威に有効な超セキュリティシステムを構築するために、今年初めにひそかに生まれたものだ。

国際 TheRegister
オーストラリアのハイエンドなテクニカルリサーチエンジンであるNICTAは、droneのシステムをサイバー攻撃から守るソフトウェアを開発する、1千8百万ドルの合衆国国防プロジェクトの中心的役割を果たす。

米国防高等研究計画局(DARPA)は、オーストラリアのNICTA、Boeing社、Galois、ミネソタ大学が参加し、Rockwell Collinsが主導する国際的なコンソーシアムと、4年半の期間の契約を結んだ。6〜8人のNICTAの専任研究者からなるチームがプロジェクトに設置され、プロジェクトのピーク時にはさらに多くのスタッフが追加される…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×