42名分の患者の個人情報を記録したUSBメモリを職員が紛失(昭和大学病院附属東病院) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.24(土)

42名分の患者の個人情報を記録したUSBメモリを職員が紛失(昭和大学病院附属東病院)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

昭和大学病院附属東病院は10月30日、同院の職員が患者の個人情報を記録したUSBメモリを紛失したことが判明したと発表した。これは同職員が10月27に気づいたもので、同院では10月30日、緊急に個人情報保護管理委員会を開催し、監督官庁である厚生労働省、東京都に報告しているが、現在のところ発見には至っていない。

紛失したUSBメモリに記録されていた個人情報は42名分、ローマ字姓、性別、診察券番号、略語化された病名、手術手技、検査結果の情報で、住所や電話番号、生年月日、フルネームは含まれていないとしている。なお、現時点でUSBメモリ内の情報が不正に利用されたとの事実は確認されていないという。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×