WAFサービス「Scutum」にCDNオプションサービス機能を無償で追加 (SST) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.18(日)

WAFサービス「Scutum」にCDNオプションサービス機能を無償で追加 (SST)

SSTは、同社のWAFサービス「Scutum」にCDNオプションサービス機能の追加提供を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社セキュアスカイ・テクノロジー(SST)は10月24日、同社のWAFサービス「Scutum」にCDN(コンテンツデリバリーネットワーク)オプションサービス機能の追加提供を開始したと発表した。追加機能は無料で利用できる。利用可能な転送量は100GB/月。ScutumはSaaS型のWAFサービスであり、「簡単に導入できる」「お客様側に機器を持つ必要がない」などのメリットの反面、Webサイトにアクセスするすべての通信がScutumを経由する形になるため、レスポンスの低下が発生する懸念があった。

今回、CDNサービスを付加することによって、その懸念を払拭し、Webサイトのパフォーマンスを向上させる機能を実現した。Scutumで実装するCDNオプションサービスはアカマイのバックボーンを利用しており、日本国内だけでなく全世界にあるエッジサーバを利用することで、Webサイトの利用者がより近いエッジサーバから画像やPDFなどのデータサイズが大きいファイル(静的コンテンツ)を取得するため、Webサイト閲覧をスムーズにできる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×